家具の作りびと 岡本 英有希の素顔

家具の作りびと 岡本のfacebook
メールでのお問い合わせはこちら

News&Topix/最新情報

施工事例場所 ご紹介

  • 高級マンション
  • 店舗
  • 個人住宅
  • その他

その他

家具づくりは生活の一部だった

常に父(おやじ)の後ろ姿を見ながら…

僕の父(おやじ)も家具職人でした。
もの心ついた頃には、父(おやじ)の工場について行っては
材料に触れて・・・。
気づいた時には家具づくりの修行をしていましたね。
仕事をしている父(おやじ)がかっこよく見えて
そしてずっと父(おやじ)の背中を追い続けているんですよね。
あの頃から、そして父(おやじ)が亡くなった今でも・・・。(笑)

でも父(おやじ)は何も教えてはくれなかったんですよね。
常に父(おやじ)の後ろ姿を見ながら木について、
そして家具づくりについて学んで来ました。

忘れもしない父(おやじ)に言われた一言…そこから父(おやじ)への反骨心と家具づくりしか知らない自分…。
父(おやじ)を超えたい、いやもしかすると超えているかも?父(おやじ)がいない今それは
計り知れないんですよね。そんないら立ちや葛藤が今でもあるんです。

でも、父(おやじ)には感謝もしてるんです。今があるのは父(おやじ)のおかげですからね。
ですから、いま僕が家具を作っているのはそれが当たり前の日常であって、自然の流れなんですよね。

男のロマン それは…。

僕は自他共に認める多趣味な男です。
お酒も好き、色々な遊びも好き、
もちろん女の子とお話する事も好きですよ(笑)

一番の趣味はクルマ!愛車はRX-8
マツダのロータリーエンジンが大好きなんです!
なぜか?あのじゃじゃ馬感がたまらないんですよ。
またそれ以上に、誰にも真似できない技術、こだわり、
そこに同じような職人魂をもの凄く感じるんです。

その他、スキーなんかも好きなんですけど、とにかく凝り性でとことん追求しちゃうんです。
仕事もそうなんですけど、根をつめ過ぎちゃって・・・。おかげで常に納期に追われてます(笑)

若い世代の人たちにその全てを伝えて行きたい

今までこの業界は秘密主義が多すぎたんです。
技術や方法を各工房で隠す傾向があって…。自分はそれを打ち崩して
来たしこれからもそうして行きたいと思っています。
そうする事で必ずこの業界も盛り上がっていくはずだと信じているんです。

若い人たちに知識や技術を教えて行きたいですよね。
僕の手には無数の傷やタコがあります。小さな頃から築き上げてきた
手です。僕はこの手が大好きです。

この手にこれまでの経験が刻み込まれていると思っているからです。
僕の強みは50代60代の先輩方に負けないだけの経験値があると言う事。その経験と知識や技術を、
これからの若い世代の人たちにその全てを伝えて行けたらいいなって思っています。